【サウンドスタジオDOM】時給15円の店員が入社して半年が経過しました。

高円寺の超有名音楽スタジオ「DOM」。高円寺の音楽スタジオの中では一番の老舗の「DOM」が音楽スタジオ予約システム「スタジオル」を導入してから半年が経過しました。DOM代表の白石義清さんから、導入後の喜びのお声をいただきましたので、ご紹介させていただきます!

※以下、全文白石さんからいただいたLINE本文から転載。

※サウンドスタジオDOM代表 白石義清さん

白石帝国に怯えるDOMスタッフたち

スタジオDOMは小規模なスタジオでスタッフ1人1人がこなさなければならない作業が多いだけでなく、常に店長(私)からの無茶ぶりに、怯えるスタッフたち。ここに去年より加わったのが、スタジオル氏。
彼の登場は、DOMに革命をもたらします。

スタジオスタッフって意外と大変なんです。。。

お客様から見ると、店員さんって、受付にいて、部屋の案内やお会計をする人ってイメージなんですが、DOMのような小さなスタジオは、メンテナンス、広報、設備の修繕、機材の発注、ドリンクの発注、ワックスがけ、ゴミ出し、エアコン掃除、掲示物の作成、レジ〆、、、、しかもスタジオライブや機材レンタルの対応など1人のスタッフでは到底できそうもないことを営業時間中にこなしていて、近頃は外国人の立ち寄りも多く、英語での応対、そこに店長(私)の無茶振りでとどめを刺されます。
そこは100戦練磨のエリートたちも負けてはいられないと、日々切磋琢磨しております。(スタッフの多くはそれぞれが、PAや楽器のプロ集団)

※スタジオ店員さんは仕事が多くて大変なのだ。。。

時給15円の店員がDOMに入社!!!

そこについにスタジオル君の登場。
彼のすごいのは、予約ミスを絶対にしないだけでなく、利用者の特徴をしっかり覚え、ボタン一つで、キャンセル内容も利用者に伝えてくれるんです。また、過去のデータもきちんと管理してくれていて、エクセルで出力すれば、利用状況もすぐにわかるし、24時間予約を受付けてくれるんです。

実はこないだ初めて社員旅行に行ったんですが、彼だけは、文句も言わず働き続けてくれました。おかげで富士山登頂!!!!
そんなスタジオル君の時給は15円。働き方改革?最低賃金?なんのその。

スタジオル君、英語できるようになって!!

もう私達は彼に足を向けて寝れない日々が続いております。
あとは、英語ね。彼に英語力がついたら、、、、、、、
その先の世界は皆様のご想像におまかせしますね。

SOUND STUDIO DOM 代表 白石義清

 

開発チームコメント
スタジオル君、時代はグローバルだよ!駅前留学に行ってきて!!
※現在自動翻訳機能を開発中です。ご期待ください!