音楽スタジオにネット予約を導入してほしい3つの理由

こんにちは。音楽スタジオWEB予約プラットフォーム「スタジオル」代表の山地です。
今回は音楽スタジオにネット予約(オンライン予約)の導入を検討していただきたい理由を簡単にブログにまとめさせていただければと思います。

なぜ電話予約では不十分なのか。

一番申し上げたいことは、現在の主流である「電話予約」がもはや音楽スタジオの予約手段として最適ではなくなった、ということです。

 

 

Twitter上では音楽スタジオの予約手段が電話か店頭しかないことで、不満を訴えるスタジオユーザーが続出するようになりました。
その理由を一つずつ考えていきましょう。

電話はつながらないと予約できない

当然の話ですが、これが一番致命的です。あなたのスタジオが通話中(受話器の戻し忘れ)、営業時間外、定休日のときに予約をしたいミュージシャンがいても、折角の予約を全て取りこぼしてしまうことになります。

 

 

オンライン予約を導入すれば365日24時間、通話中も何も気にせず無人で予約を受け付けることができるので、上記のようなユーザー全員があなたのスタジオに来てくれることになります。

 

電話は聞き間違えてしまう

電話では相手の声の大きさ、滑舌のよさ、周囲の騒がしさによって、予約内容が聞きずらくなります。結果、予約内容を正確にヒアリングできず、トラブルにつながることがあります。もしかしたらお客様が言い間違えたかもしれませんが、証拠があるわけではないので、言った言わないの水掛け論になってしまいます。

 

 

オンライン予約ではお客様が情報を入力し、かつその履歴がデータできちんと残るので、上記のようなトラブルを防止することができます。

そもそも電話が苦手な人が多い

スマホが普及し、美容室・飲食店・宿泊場所などの業界はネット予約が一般的となりました。それに伴い、そもそも電話で予約を取るのが苦手という人たちが急増しています。

 

 

現代人の「電話離れ」は今後もさらに加速していくと考えられます。そのときに「最近の若者は電話が苦手だなんて、、、」と憂うのではなく、現代人のライフスタイルに合わせた予約手段を導入することが大事だと私は考えております。本当に避けなければいけないことは人々の「音楽スタジオ離れ」です。

 

多くの娯楽のデジタル化が進みつつある現代においても、音楽は「現地に」「その瞬間に」「人が集まって」でしか味わえない面白さがある、最高に刺激的な芸術である、と私は思います。それを実現する場所として、音楽スタジオはあらゆるミュージシャンにとって大事な場所です。だからこそ、予約のハードルが高いという理由だけで「音楽スタジオ離れ」が進行しつつある現状に立ち向かうために、私は音楽スタジオのネット予約の普及に情熱を捧げることにしました。

 

あなたの音楽スタジオを本当はもっともっと使いたい!と多くのミュージシャンが思っています。

 

 

まとめ

音楽スタジオにネット予約を導入してほしい理由として、【1】電話はつながらないと予約できない【2】電話は聞き間違えてしまう【3】そもそも電話が苦手な人が多い の3つを挙げさせていただきました。
これらの問題を全て解決するのが、ネット予約であり、スタジオ利用者が現在最も必要としている予約手段です。あなたの音楽スタジオをもっと利用したい!と思っているミュージシャンのために、ネット予約の導入をご検討いただけると幸甚です。

 

いかがでしたでしょうか。
今回の記事でネット予約に少しでも興味をもっていただけたスタジオ関係者様、またご意見のある読者様、どうぞお気軽にご連絡をいただければ幸いです。

 

株式会社スタジオル 代表取締役 山地瞭